dトラベルセレクト 国内宿 最大7,000円引きクーポン

ホテル検索結果

地図から選択

駅・空港から選択

スクロール地図から選択

1 -

-

-
-
クチコミ評価 ☆☆☆☆☆ 0.0
選択地図からエリアを選択してください。

おすすめの宿・ホテル

沖縄県の旅行ガイド
沖縄県のエリア情報

沖縄県は、日本の南西部に位置する都道府県です。南北約400km、東西約1000kmに渡る広大な海域と、大小160の島から成っています。そのうち、沖縄本島、宮古島、石垣島、西表島を始めとする49の島が、有人島です。県の総面積は約2276km2で、総人口は約142万人。人口増減率は約0.44で、全国で2番目に人口増加が顕著な都道府県となっています。沖縄県の県庁所在地は、沖縄本島南西部に位置する那覇市です。県内最多である約32万人の人口を擁し、沖縄県の政治・経済・文化の中心となっています。
そんな沖縄県は、年間平均気温が22度を超えるほど暖かく豊かな自然に育まれていることから、リゾート地として人気です。温暖な気候を活かして、シークヮーサー、パパイヤ、マンゴーといったトロピカルフルーツやサトウキビなどが盛んに栽培されています。

沖縄県の交通情報

本州から離れた太平洋上に位置する沖縄県では、空路が重要な交通網となっています。
そのため、県内には全部で13の空港があります。最も利用者の多い空港は那覇市にある那覇空港で、日本全国の主要都市への定期便はもちろん、ソウル、上海、台北、香港といった海外への定期便も運航しています。
空路が重要視されているのに対して、県内の鉄道網は発達していません。現在では、2003年に開業した沖縄都市モノレール線が、県内唯一の鉄道路線です。その代わり、琉球バス交通、沖縄バス、那覇バスといった路線バスが、沖縄県の人々の生活を支えています。
また、離島間の近距離移動には、船舶が活用されています。

沖縄県の歴史

沖縄県は15世紀に「琉球王国」という独立国家として誕生しました。琉球王朝が倒れて沖縄県となったのは、1879年のことです。当時、明治政府は近代化に向けて改革を進めていきましたが、沖縄県内では独自の文化や風習が根強く残りました。第二次世界大戦が始まると、沖縄県はアメリカ兵に攻め込まれ、日本で唯一の戦場となりました。1945年に終戦を迎えた後も、沖縄県はアメリカ軍の統治下に。それから27年後の1972年、日本に復帰を遂げました。

沖縄県のグルメ・特産/名産

本州から地理的に遠く離れた沖縄県では、独自の食文化が発達しています。また、沖縄方言で名付けられた郷土料理が多いのも特徴です。豚足の汁物である「足ティビチ」、パパイヤを肉や野菜と炒めた「パパイヤリチー」、落花生から作った「ジーマーミ豆腐」などがあります。ゴーヤを使った「ゴーヤチャンプルー」は、沖縄の家庭料理の定番です。
また、沖縄ではゴーヤやパパイヤといった沖縄らしい食材のほか、豚肉もよく使われます。一頭の豚肉を足、耳、内臓まで残さず使って、汁物、炒め物、角煮など様々な形で食すのが特徴です。
なお、沖縄旅行のお土産としては、琉球王朝時代から伝わる伝統菓子である「ちんすこう」や「サーターアンダキー」が有名。本土では中々味わうことのできない食感と味が人気です。