コテージとは?
バンガローとの違いってなに?

コテージとは?バンガローとの違いってなに?

「バンガロー」と「コテージ」、聞きなれた言葉ではあるものの、それぞれどう違うのか知らない人も多いのではないでしょうか? 宿泊施設の種類によって、アウトドア旅行の楽しみ方も変わってきます。 アウトドア旅行初心者でも最大限に旅を楽しむために、基本的な宿泊施設の選び方、それぞれの宿泊施設の特徴についてご紹介します。
コテージ旅行全般の楽しみ方、準備、注意点は家族旅行のニューノーマル、子供と一緒に行く「コテージ」旅の楽しみ方。 もご覧ください。

コテージとは?ロッジ、バンガローとの違い

バンガロー、コテージ、ロッジを英語訳だとどういう意味になるのでしょうか? 実は、それぞれの宿泊施設で大きな違いは「設備」と「見た目」にあります。おのおの特色があるので基本知識をおさらいしましょう。

コテージ(Cottage)

コテージは「小さい家」「小別荘」などと和訳されます。その名の通り、旅行業界でもコテージは、家具、家電が備え付けられている宿泊施設を指すことが多いようです。キッチン、リビング、寝室、トイレ、バスルームなどの間取りがあり、アウトドア体験を満喫しながらでも、あたたかい布団で眠ることができます。一戸建てを一棟貸し切るタイプの宿泊施設のことで、貸別荘に近い位置づけです。

キッチンはもちろんのこと、宿泊施設によっては調理用具も備え付けられているところもあり、バーベキューだけではなく自炊することも可能です。屋外の共同トイレに行くという不便さも軽減されます。バスルームが付いている宿泊施設も多く、最近では温泉地に建てられた天然温泉付きのコテージもあります。

ロッジ(Lodge)

ロッジは、英語のlodgingが「借りる」という意味で使われることもありますが、多くは山小屋っぽい雰囲気の宿泊施設の総称となっていますが、日本ではコテージよりも簡易的な宿泊施設の名称として使われています。欧米で「ロッジ」は、古くはハンターのための小屋の意味で用いられ、山奥にあって丸太で作られて宿泊できる家・小屋を表現する言葉として使われています。

バンガロー(Bungalow)

バンガローは、最も簡易的な設備の宿泊施設です。シャワーやトイレ、ベッドといった設備もなく、テントの延長線のようなイメージです。一棟貸しではなく、6~10畳程度の広さの部屋を借りるタイプが多く、泊まる部屋には基本的に何もありません。お風呂やトイレは共用で外にあるのが一般的です。学生向けの自然学校などで使用されるケースも多い宿泊施設です。

バンガロー

あなたは、コテージ派?バンガロー派?自分にあった宿泊施設選びのポイント

宿泊施設選びにおける重要なポイントは「予算」と「エリア」でしょう。旅の予算に応じて、いかにコストパフォーマンスが高いく、好みにあった宿泊施設に出会えるかは、旅の楽しみ方を大きく左右します。コテージ探しは、旅行会社を通じて選ぶ方法か、目的にあった宿泊施設を自分で探して直接予約をとる方法が一般的です。また、アウトドア体験で程よい不便さを楽しみたいなら「バンガロー」、パパもママも子供もリラックスした旅を満喫したいなら「コテージ」を選ぶことをおすすめします。

バンガローやコテージに泊まれる、おすすめエリア

家族で泊まれるコテージ宿泊予約ができるキャンプ場、別荘地などがある人気エリアの魅力と特徴をご紹介します。 こちらのページでは、エリア別に宿泊施設を見ることができます。すでに行きたいエリアが決まっている場合は、こちらのページもご覧ください。

軽井沢

別荘地、避暑地として有名な「軽井沢」。北陸新幹線も停車し、列車、車、バス、さまざまな交通手段での移動も便利です。おしゃれなカフェやベーカリーなども多く、特有の雰囲気は訪れる人達を魅了します。軽井沢は、大手ホテルグループがコテージを運営していたり、私有別荘を期間限定でコテージ貸出していたりするケースあり、他エリアとは少し異なるプランがあります。地元情報に強い旅行会社や知り合いに声をかけると、穴場物件が見つけやすくなる場合もあるようです。

また、軽井沢駅周辺は比較的高額な宿泊施設が多いですが、軽井沢市の山側、また、隣接する佐久市、小諸市方面で探すとコストパフォーマンスの高いコテージが見つかりやすくなります。冬はスキーやスケート、春夏は乗馬やトレッキングなど周辺で自然体験ができる場所が多いのも魅力です。

河口湖・山中湖

富士山の麓、富士五湖の湖沿いに魅力的なコテージが数多く点在しています。目前に富士山の勇姿が眺められるのは、このエリアならではの魅力です。河口湖周辺はにぎやかな観光スポットが集結しており、山中湖周辺は大人のレイクリゾートとなっています。立地によって周囲の雰囲気が違うので、それぞれの違いを比較検討して選びましょう。スーパーマーケットやコンビニエンスストアでの買い出しも便利で、富士急ハイランドなどのテーマーパーク、忍野八海や風穴・氷穴、味覚狩り、温泉など、家族旅行にぴったりな観光スポットが周囲にあるのも便利です。

八ヶ岳

山梨県と長野県のちょうど中間あたりに位置する日本百名山のひとつ「八ヶ岳」。夜は満天の星、昼は天気が良いと富士山も眺められます。牧場が多く、美味しいソフトクリームや乳製品が食べられることもあり、家族旅行だけではなく、カップル旅行や女子旅でも人気の旅先です。最近では移住する人も多く、暮らすように旅をするといった目的で訪問する人が多いため、コテージなどの簡易的な宿泊施設も充実しています。

ほかのエリア情報や、コテージ旅行ならではの楽しみ方に関しては、『家族旅行のニューノーマル、子供と一緒に行く「コテージ」旅の楽しみ方。』 でも解説しています。是非ご一読ください。

八ヶ岳

まとめ:旅の予算、期間によって使い分けよう

予算、立地、品質など、「コテージ」選びの選択肢は増えています。人気の高い観光地では、必然的に予算は高くなりますが、その代わりに宿泊施設の品質や利便性が良くなったり、クチコミ情報も集めやすかったりする傾向があります。長期間で自然学校のような体験を子供にさせたい。パパ・ママはあわただしい日常からちょっとだけ解放されたい! など、目的に応じて限られた休日をいかに充実させられるかは宿泊施設選びで大きく差がでます。焦って決めずに、じっくり比較検討してみてください。

エリアから探す

関連記事