今流行りのお手軽キャンプ!
のんびり+αで楽しめるコテージステイ

今流行りのお手軽キャンプ!のんびり+αで楽しめるコテージステイ

キャンプといえば、みんなでテントを張って、バーベキューをして、寝袋にくるまって一日を終える。そんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?これぞキャンプの醍醐味!と思われる方もいる一方、「準備やテントの張り方に不安……」という方もいらっしゃることでしょう。
しかし、最近のキャンプ事情は、いろいろな楽しみ方ができるようになってきています。この記事では、快適で楽しいキャンプを実現できる「コテージ」に泊まるキャンプの最新事情をご紹介します。
コテージ旅行はキャンプ体験やバーベキューはもちろんのこと、他にもたくさんの楽しみ方があります。コテージ旅行全般の楽しみ方、準備、注意点は 家族旅行のニューノーマル、子供と一緒に行く「コテージ」旅の楽しみ方。もご覧ください。

子どもと一緒にキャンプを楽しむならコテージステイがオススメ!

家族や仲間たちとキャンプに行くとなると、テント張り、買い出し、火起こしなど、大人の力がなくては成立しません。車の運転や力仕事も多々ありますが、みんなで力を合わせて理想のキャンプ体験を作り上げていく過程に楽しさがあるものです。 しかし、子連れの場合はどうでしょうか? 多くの家族は、子供は遊ばせておいてパパとママがテントを張ったり火を起こしたりと、準備の段階では子供の出番は少なく、子供と一緒にキャンプ体験ができるのは夕方過ぎ……ということも多いのではないでしょうか。

せっかくだから到着した瞬間から家族みんなで楽しみたい! ということであれば、コテージやバンガローを予約してしまうという手もあります。

コテージとバンガローは似て非なるものです。コテージとバンガローの違いについてはこちらの記事もご覧ください。
テント泊ではなく、コテージ泊の場合は、以下のような楽しみ方ができます。

到着したらすぐに楽しめる!

テント泊の場合、最初にやらなくてはならいことは、寝床や雨風を避ける場所の確保。つまりテントの設営です。キャンプに慣れている人であれば、場所決め、道具の準備、設営まで、1~2時間もあればできてしまうでしょう。しかし、子供の相手をしなくてはならない場合や、テントに不慣れな場合はそうもいきません。ようやくテントが完成したころにはすでに夕方。急いでバーベキューの準備に取り掛からなくてはならず、子供と一緒に楽しむ時間がない なんてこともあります。

しかし、コテージ泊であれば、このような苦労はなく、到着したら荷物を運び入れ、ちょっと一息つきながら子供と自然の中で遊ぶこともできます。

コテージ

天候に左右されず、快適に過ごせる

アウトドア旅行の最大の懸念は、天候ではないでしょうか?せっかくの休日に自然の中での非日常体験を楽しみにしてきたのに、途中で大雨に見舞われる なんてこともしばしば。

テントでももちろん雨風はしのげますが、それでも不安はあるものです。

一方、コテージは簡易的ではあれ「家」のようなものなので、天候に左右されることはありません。宿泊するコテージによっては、屋根付きのベランダがついているところもあるため、多少の雨でもバーベキューができることもあります。

また、コテージでは室内でも十分に楽しむことができます。コテージの中で、家族みんなで体を動かす遊びをしたり、家族でボードゲームをしてみたり。普段の家のリビングのような安心感がありながら、いつもとは異なる遊びに興じてみてはいかがでしょうか。

もちろん、雨が上がればみんなで外に飛び出し、バーベキューの準備の続きをしたり、雨上がりの自然の景色、匂い、音を感じてみるのも良いかもしれませんね。

水回りや寝場所も完備

テント泊でのキャンプの場合、多くのキャンプ場では共同の水道台やトイレがあります。しかし、子連れキャンプの場合、3密や衛生面を特に気にされる方も多いことでしょう。

コテージの場合は、キッチン・トイレはもちろんのこと、ベッドやシャワーがついている施設も少なくありません。家族だけのプライベートな空間で、人の密集や衛生面も気にせずに料理をしたり休息をとることができるのもコテージ泊の魅力の一つです。

コテージ泊のキャンプではどんな+αがあるの?

子連れでのコテージキャンプの魅力は設備面だけではありません。テントの設営でくたくたに……ということもなく、快適にコテージ泊をすることで、パパ・ママも子供たちも体力気力が有り余っていることでしょう。そんな時は家族みんなで+αの体験もできます。

都会とは異なる自然体験

せっかくのアウトドア体験なので、普段の休日とは異なることをしてみましょう。地図を見ながら自然の中を散策してみたり、虫や野鳥を観察してみたり、川の水を口に含んでみたり、夜は星空を見上げてみたり。子供にとっても普段の家庭生活や学校では学べないことがアウトドアでは多くあります。見る・聴く・嗅ぐ・触る・食べるといった、普段とはちょっと違う刺激があります。また、パパ・ママにとっても子供時代を思い出すような体験もあるのではないでしょうか。

家族みんなで楽しめる料理

普段から家族みんなで料理をしていますか? キャンプ場では家族みんなで力を合わせて料理をするという楽しみがあります。野菜を洗ったり切ったり、食材を串に刺したり、炭から火を起こしたりと、一人でやるにはとても時間がかかります。しかし、子供たちにとっては普段はできない体験のうえ、パパやママから教えてもらいながら家族の一員として家事を体験するという貴重な時間にもなります。キャンプでの料理は普段の何倍も時間がかかるもの。まだまだ不器用な子供の手やキラキラとした目を見ながら、子供たちの成長を感じることもできるのではないでしょうか。

コテージ泊でのバーベキューの楽しみ方はコテージ利用で大満足!大自然の中、星空の下で至福のバーベキュー体験!でも詳細に解説しています。 こちらもご一読ください。

コテージ_家族

キャンプ場付近のアクティビティまで足を延ばしてみる

キャンプをするエリアにも寄りますが、日帰りで行ける温泉や、レジャー施設、大きな公園など、周辺アクティビティスポットも忘れてはいけません。

コテージ泊であれば、通常の旅館やホテルのように、簡単なチェックアウトの手続きだけで帰路に就くことができます。余った体力で、ちょっと足を延ばしてみればさらに+αの体験をしてみてはいかがでしょうか。

コテージキャンプの準備・持ち物

では、コテージキャンプを楽しむためにはどのような準備をしておけばよいのでしょうか?

着替え、日用品について

着替えや日用品は、最低限の準備があれば十分でしょう。アウトドアとはいえ、コテージの場合は空調やシャワーがある宿泊施設がほとんどです。テント泊のように必要以上の防寒着や濡れた時用の着替えは不要です。

とはいえ、天気が良い日や暑い時期は外遊びをする時間が長くなります。熱中症対策にもなるクーラーボックスや、突然の雨にも対応できるよう、カッパや傘といった最低限の雨具はあった方が良いでしょう。

ほかにも、コテージに泊まりながら何をして楽しむかを事前にシミュレーションしておくことで必要な持ち物のイメージが湧いてきます。外で遊ぶのなら、ボールやフリスビーなどかさばらない遊び道具が活躍します。散策を楽しむならば、虫あみ・虫かごや双眼鏡を。星空を楽しむのならば、ランタンや望遠鏡などが必要になるでしょう。

自炊するための食材や備品の買い出し

コテージでは、バーベキュー台やコンロはレンタルも可能ですが、食材は持ち込みになります。到着前に近くのスーパーで食材や調味料、バーベキュー用の着火剤や炭などを買っておきましょう。
また、意外と忘れがちなのがスプーンやフォーク割りばしといったカトラリーセット。キャンプ用品ブランドの物でも、スーパーや100円ショップで調達できるものでも大丈夫です。食べるための道具は忘れないようにしましょう。

その他施設へ確認しておきたいポイント

テントに比べて、コテージはいろいろな設備がそろっていて便利ですが、設備や機器はコテージによってさまざまです。空調、冷蔵庫、料理用品、寝具、バーベキュー用品などの有無は予約時に電話やWebサイトでしっかりと確認しておきましょう。

また、設備だけではなく、周辺のおすすめレジャースポットや近隣のイベント情報も調べておくと、子供と遊ぶ時間を最大限に確保できます。

施設によって楽しみ方は多種多様

基本的には、特別な準備も必要なく、気軽に、軽装で、快適なアウトドア体験ができるのがコテージキャンプです。大人が非日常体験を楽しめるのはもちろんのこと、子連れファミリーにとってもアウトドア体験と快適さのバランスが取れたレジャー体験となることでしょう。

3密を避け、家族のプライベートを確保しながらエリアや季節によって多様な楽しみからができるのも魅力のひとつです。次の連休の予定が決まっていなければ、コテージキャンプにトライしてみてはいかがでしょうか。

コテージキャンプをどこまで楽しめるかは、実際に宿泊するコテージにも左右されます。こちらのページから、ご希望のエリアの宿泊施設を探してみてください。きっとイメージ通りのコテージに出会えることでしょう。

関連記事