GW直前クーポンキャンペーン

ホテル検索結果

地図から選択

選択地図からエリアを選択してください。

おすすめの宿・ホテル

愛知県の旅行ガイド
愛知県のエリア情報

愛知県は東海地方の中心部に位置する日本の都道府県です。県庁所在地は名古屋市。総人口は約740万人で全国第4位、人口密度は1km2あたり約1400人で、東京都や神奈川県、大阪府に次ぐ大都市として東海地方の政治、経済、文化の中核機能を担っています。尾張地方、西三河地方、東三河地方の3つのエリアから構成されており、尾張地方には県庁所在地であり政令指定都市にも指定されている名古屋市があります。名古屋市には特に人口が集中しています。県全体として工業が盛んで、日本のほぼ中心に位置しているという立地的優位性を活かし、自動車工業や繊維産業、重化学工業、航空機産業、セラミックス産業などが発達しています。

愛知県の交通情報

愛知県には、中部国際空港セントレア、県営名古屋空港の2つの空港があります。特に、中部国際空港セントレアは、2005年の開港以降、愛知県と国内・海外を結ぶ空の玄関口として多くの人に利用されています。空港内にはたくさんのショップやレストラン、ギャラリー、リラクゼーション施設などが入っており、複合型商業施設としても機能しています。
鉄道では、JR東海をはじめ、名古屋鉄道や名古屋地下鉄、名古屋臨海高速鉄道、愛知高速交通、愛知環状鉄道、豊橋鉄道、近畿日本鉄道などが通っています。特にJR東海が運航している東海道新幹線や東海本線、名古屋地下鉄、名古屋鉄道などは多くの人に利用されており、愛知県民にとって欠かせない存在となっています。
道路は東名高速道路や東名阪自動車道、名神高速道路などの主要高速道路、県内各都市を結ぶ国道や有料道路などが整備されています。

愛知県の歴史

現在の愛知県がある尾張・三河地域は、戦国時代には織田信長や豊臣秀吉、徳川家康といった高名な武将が活躍した地です。江戸時代になると、尾張地方は徳川御三家のひとつとして繁栄しました。また、三河地方には多くの譜代大名が置かれ、重要な役割を果たしていました。その後、明治時代の廃藩置県によって尾張地方は名古屋県に、三河地方は額田県と改められました。名古屋県と額田県が合併して愛知県が誕生したのは明治5年のことで、現在では38市14町2村を有する県までに成長を遂げました。

愛知県のグルメ・特産/名産

愛知県は、独自の食文化が発達している県です。「味噌カツ」、「味噌煮込みうどん」、「ひつまぶし」、「あんかけスパゲティ」、「きしめん」、「手羽先の唐揚げ」、「天むす」、「ういろう」など、他の地方には見られない独特の料理がたくさんあります。愛知県でこのような独自の食文化が形成されたのは、関西と関東の中間地点にあるという立地ゆえだといわれています。また、愛知県といえば、喫茶店が多くあることでも知られています。特に、愛知県内の喫茶店で提供されるモーニングサービスは、珈琲一杯の値段にトーストやサラダ、ゆでたまご、ヨーグルト、フルーツなどがついてくるという太っ腹なサービスで有名です。