夏のクーポン祭り 国内宿 最大10,000円引きクーポン

ホテル検索結果

地図から選択

選択地図からエリアを選択してください。

おすすめの宿・ホテル

福島県の旅行ガイド
福島県のエリア情報

福島県は、東北地方の南部に位置する日本の都道府県です。県庁所在地は福島市。総人口は約194万6千人、人口密度は1km2あたり約140人で、総人口は日本の都道府県は20位です。なお、福島県は13市・31町・15村で成り立っており、主要都市であるいわき市・郡山市・福島市に人口が集中しています。福島県は東西に広く、海岸や山地が多く存在しており標高差が大きいため、地域によって気温差が大きいです。太平洋沿岸部の浜通り地方は影響により、夏は涼しく冬は暖かいです。日本海側の会津地方は雪が多いのが特徴で、豪雪地域に属しています。そんな福島県では、寒い気候を活かして水稲・陸稲が盛んに行われています。米の収穫量は、全国でも第7位を誇っています。2011年には東北地方太平洋沖地震によって大きな被害を受けましたが、現在は自治体や企業の支援により、見事な復興が進展しています。

福島県の交通情報

福島県には、石川郡玉川村と須賀川市にまたがる福島空港を始め2つの空港が存在します。福島空港は、他の空港にはない伝統的な日本美を活かした建築が特徴的です。空港周辺には、日本庭園や公園、緑地スペースなどがあり、年間を通じて様々なイベントが行われています。現在は、利用者促進するため、格安航空会社による定期便の誘致を行っており、今後更なる発展が期待されています。
鉄道は、東北新幹線、山形新幹線を始めとし、JR在来線、私鉄が多く運行しています。新幹線を利用すれば、東京都まで約1時間30分でアクセスすることができます。
道路は、東北自動車道、磐越自動車道、常磐自動車道などが通っています。福島西道路といわれる国道13号沿いには大型商業施設なロードサイド店舗が立ち並んでおり、多くの観光客に利用されています。

福島県の歴史

福島県は歴史のある地域で、古くは伊達政宗が安住していました。現在も存在する伊達市は、伊達政宗から由来しているといわれています。1876年に福島県、若松県、磐前県が合併し、現在の福島県が成立したこの年には、細菌学者として世界的に名高い野口英世が生まれました。福島県の猪苗代町には、野口英世記念館が設立されています
記憶に新しい歴史は、やはり東北地方太平洋沖地震です。2011年の3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震は、東北地方から関東地方にかけて甚大な被害をもたらしました。東北地方太平洋沖地震は、日本観測史上最大といわれる大きな地震で、福島県にも壊滅的な被害をもたらしましたが、現在は自治体や企業、世界からも多くの支援を受け、見違えるほどの復興を遂げました。

福島県のグルメ・特産/名産

福島県は、東北地方の南の玄関口といわれており、北海道、岩手県に次ぐ大きな県です。果物や野菜の産地として名高く、果実ではモモ、イチゴ、ナシ、野菜ではトマト、ピーマン、キュウリなどが盛んに栽培されています。これらの野菜を漬けた「三五八漬け」は郷土料理として県民に多く食されています。三五八漬けは、名の通り、塩3:麹5:米8の割合で漬けられる漬物です。野菜だけでなく、鶏や白身魚が漬けられることもあります。また、福島県いわき市はあんこうの本場として知られており、「あんこう鍋」や「あんこうのどぶ汁」などあんこうを使用した料理も多いです。
そんな福島県は、山地が多く存在していることから、スキーリゾートが有名です。また、飯坂温泉や東山温泉などの大型温泉も多数存在し、他府県からも多くの観光客が訪れています。