GW直前クーポンキャンペーン

ホテル検索結果

地図から選択

スクロール地図から選択

1 -

-

-
-
クチコミ評価 ☆☆☆☆☆ 0.0
選択地図からエリアを選択してください。

おすすめの宿・ホテル

岐阜県の旅行ガイド
岐阜県のエリア情報

岐阜県は、東海地方の北部に位置する日本の都道府県です。県庁所在地は岐阜市。総人口は約205万人、人口密度は1km2あたり約192人で、総人口は日本の都道府県で17位です。なお、岐阜県は21市・19町・2村で成り立っており、主要都市である岐阜市はかつて織田信長の城下町として栄えていました。そんな岐阜県の北部は、御嶽山など標高3000mを超える山々が連なっているため、標高差があり同じ県内でも気温差が大きいです。標高の高い地域は、雨雲が発達しやすいため、年間を通じて比較的雨が多いですが、その他の地域の冬は乾燥をした晴天の日が多いです。南部は、木曽川や長良川などの河川が流れており、長良川中域の水は日本の名水百選に選ばれるほど美しい清流です。緑豊かな飛騨の山々から湧き出る水によって育てられた飛騨牛は、ブランド牛として全国的に有名です。畜産だけでなく、風土を活かした林業も盛んに行われています。その他、岐阜県ではファッション、陶磁器、家具・木工などの地場産業も有名です。

岐阜県の交通情報

岐阜県の空港として飛騨エアパークが挙げられますが、飛騨エアパークからは定期便が運航していません。そのため、岐阜県から飛行機を利用する際は、近郊の愛知県の中部国際空港を利用するのが一般的です。岐阜市から中部国際空港までのアクセスは、名鉄岐阜駅で約1時間。北陸自動車道を利用して約1時間10分です。
鉄道は、東海道新幹線を始めとし、JR東海、名古屋鉄道、養老鉄道などが運行しています。東海道新幹線を利用すれば、岐阜鳥羽駅から東京駅まで約2時間でアクセスできます。
道路においては、名神高速道路、中央自動車道、東海北陸自動車道などが通っており、広域的なアクセスが充実しています。

岐阜県の歴史

岐阜という名には諸説ありますが、織田信長によって命名されたという説もあります。信長は、岐阜に非常にゆかりのある人物で、岐阜城下の経済を活性化させました。当時の岐阜は大いに賑わいました。当時の町数は44町にもなり、大工町、材木町、米屋町、竹屋町などの町名は現在でも残っています。また、歴史的な戦闘となった、関ヶ原の戦いの地は岐阜県不破郡関ヶ原町です。主戦場となった関ヶ原戦場跡は、国指定の史跡として現在も残されています。このように、岐阜県には歴史的に重要な役割を果たしてきた場所なのです。

岐阜県のグルメ・特産/名産

岐阜県は、木曽川や長良川などの豊富な河川に恵まれています。長良川は特に水質が良いため、鮎の餌となる昔の生育に適しています。そのため、岐阜県では鮎が有名です。道の駅では鮎の塩焼きなどが販売されています。また、菓子店では鮎を型どった鮎菓子が販売されており、菓子店によって、せんべいやあられなど様々な鮎の菓子があります。これらは和菓子処が多い大垣市や東濃エリアを中心に販売されています。
そんな岐阜県は、かつて城下町であったことなどから歴史的な建造物が多いです。県内を東西に横断する中山道には当時の景観を残す町並みが今でも残っており、宿も多く存在しています。当時の歴史や文化を楽しむことができます。