タイムセール中プラン

ホテル検索結果

地図から選択

選択地図からエリアを選択してください。

おすすめの宿・ホテル

兵庫県の旅行ガイド
兵庫県のエリア情報

兵庫県は、近畿地方の西部に位置する日本の都道府県です。県庁所在地は神戸市。総人口は約554万人、人口密度は1km2あたり約660人で、総人口は日本の都道府県で7位を誇っています。なお、兵庫県は22市・22町で成り立っており、主要都市である神戸市は9区に分類されています。気候は北部と南部で異なり、北部は日本海側気候、南部が瀬戸内海式気候に属します。北部の中には、冬場、豪雪に見舞われる地域もあり、風土を活かしたリゾートスキー場が多数存在します。兵庫県では各地の気候を活かし、酒米、たまねぎ、くりなどが豊富に生産されています。乳用牛、肉用牛、ブロイラーといった畜産も盛んです。また、日本海側ではズワイガニやホタルイカ、太平洋側ではタコ、イカナゴ、タイなどが水揚げされており、漁業も盛んに行われています。そんな兵庫県には、大阪と神戸に挟まれる阪神地区があり、大阪にも神戸にも染まらない独自の文化が形成されています。大阪と神戸を繋ぐ交通機関が充実しているのも阪神地区の魅力です。

兵庫県の交通情報

兵庫県には、神戸市の神戸空港、伊丹市から大阪府の豊中市と池田市にまたがる大阪国際空港(伊丹空港)を筆頭に合計3つの空港が存在しています。神戸空港と大阪国際空港は、大阪府の関西国際空港と合わせて「関西三空港」といわれており、関西圏の主要空港となっています。中でも、2005年に完成したばかりの日本でもまだ新しい神戸空港は「マリンエア」という愛称で親しまれています。
鉄道は、神戸市を要衝とする阪神電鉄、阪急電鉄、神戸市市営交通、兵庫県北部や岡山寄りの姫路市を要衝とする山陽電鉄、神戸電鉄といった私鉄。そして、岡山・神戸・大阪を繋ぐ国鉄で成り立っています。なお、神戸電鉄は日本一運賃の高い電鉄としても有名です。
道路においては、中国自動車道、山陽自動車道、神戸淡路鳴門自動車道などが通っており、広域的なアクセスが充実しています。1998年には、淡路島と本土に架かる明石海峡大橋が併用開始。淡路島を経由すれば、四国へも短時間でアクセスすることができます。

兵庫県の歴史

1868年の明治元年、日本の初代首相である伊藤博文によって兵庫に県が置かれました。明治7年には神戸・大阪間に鉄道が開通、33年には水道給水が開始、36年には六甲山に日本初のゴルフ場が開場されます。1900年代に突入すると、阪神地区で阪神間モダニズムが起こります。阪神地域には、様々な西洋文化が流通し、今も尚全国的に有名な宝塚歌劇団もこの頃に誕生しました。また、甲子園球場も建設され、全国高校野球が開幕。1981年には、現在神戸空港が位置するポートアイランドが完成。神戸ポートアイランド博覧会が開催され、全国から観光客が集中します。このように、兵庫の街は少しずつながら政治・経済・文化において発展を遂げていきました。しかし、1995年に阪神淡路大震災による被害で兵庫は大きな打撃を受けます。その後、明石海峡大橋の開通、神戸空港の完成、ルミナリエによる観光客の動員などにより、無事復興を遂げました。

兵庫県のグルメ・特産/名産

兵庫県には、山と海の産物を活かした郷土料理が多数存在します。兵庫県北部の丹波篠山は、枝豆や丹波栗の名産地。中でも、新鮮な猪を味わえるボタン鍋は絶品です。また、明石で豊富に水揚げされるタコを使った明石焼き、イカナゴを煮たくぎ煮は、兵庫県に古くから伝わる伝統料理。観光客にも人気の高いご当地料理です。なお、兵庫県の明石市は、日本標準時の街として知られています。東経135度の子午線上に位置することから、「子午線の街」として親しまれています。