GW直前クーポンキャンペーン

ホテル検索結果

地図から選択

温泉から選択

スクロール地図から選択

1 -

-

-
-
クチコミ評価 ☆☆☆☆☆ 0.0
選択地図からエリアを選択してください。

おすすめの宿・ホテル

鹿児島県の旅行ガイド
鹿児島県のエリア情報

鹿児島県は、九州地方の南部に位置する日本の都道府県です。19市・20町・4村から成り立っています。県庁所在地は鹿児島市。総人口は約168万人、人口密度は1km2あたり約182人です。主要都市である鹿児島市は九州4位の人口を擁しており、南九州の政治・経済・文化・交通の中心地です。気候は、南北の距離が600kmに及ぶことから、地域によって大きく異なり、県北部に位置する伊佐市は積雪地域、奄美群島は亜熱帯地域に属しています。本土全体は、冬は温暖で夏は日照時間が長いのが特徴です。
そんな鹿児島県は日本有数の農産県で、サツマイモ、サヤインゲン、鹿児島茶が豊富に生産されています。また、古くから焼酎製造が盛んに行われており、県内には酒造業者が数多く存在します。世界遺産の屋久島、種子島宇宙センターなど、自然や文化の観光資源にも恵まれています。

鹿児島県の交通情報

鹿児島県には、鹿児島空港や奄美空港を始め、合計8つの空港が存在しています。中でも鹿児島空港は、利用者数国内約467万人、国際約10万人を誇る九州で2番目に大きな空港です。主要都市からはやや離れているものの、九州自動車道溝辺鹿児島空港インターチェンジに近く、アクセスが充実しています。市街地からは日中10分感覚で運行している空港連絡バスを利用して行くことができます。
鉄道では、JR九州、肥薩おれんじ鉄道、鹿児島市交通局が運行しています。全国的に珍しい路面電車が運行しており、観光名物にもなっています。
道路は九州自動車道、東九州自動車道などが通っており、広域的なアクセスが充実しています。

鹿児島県の歴史

鹿児島県には、古くから人々が生活していました。種子島の立切遺跡や横峯遺跡では、3年前もの生活跡が見つかっています。1500年代には、坊津や内之浦が貿易港として海外と盛んに交流をしていました。鉄砲やキリスト教が伝来されたのも、この頃です。また、鹿児島県は西郷隆盛を始めとする薩摩藩の領土として有名です。薩摩藩最大の武家屋敷である出水麓武家屋敷群は現在でも残されており、観光スポットとして人気です。この他にも、蒲生武家屋敷群、知覧武家屋敷群など、県内には数多くの武家屋敷が残っています。廃藩置県によって現在の鹿児島県の基礎が築かれてからは、インフラ整備が行われるようになり、鹿児島市内を中心に発達していきました。

鹿児島県のグルメ・特産/名産

日本列島の最南端に位置する鹿児島県は、台風が多く上陸する県です。よって、昔から農作物には恵まれませんでした。しかし、こうした気候の中でも、いも類などの栽培が盛んに行われてきました。いも類の生産は現代においても盛んで、多くの郷土料理に用いられています。また、鹿児島県は焼酎の製造も盛んで、芋焼酎には現地で穫れたサツマイモが使用されています。芋焼酎は近年の焼酎ブームにより、全国的に高い知名度を持つようになりました。鹿児島産の芋焼酎は、土産品にも人気の高い逸品です。