dトラベルセレクト 対象ホテル限定 国内宿 最大10,000円引き秋旅クーポン

ホテル検索結果

地図から選択

温泉から選択

スクロール地図から選択

1 -

-

-
-
クチコミ評価 ☆☆☆☆☆ 0.0
選択地図からエリアを選択してください。

おすすめの宿・ホテル

奈良県の旅行ガイド
奈良県のエリア情報

奈良県は、近畿地方の中南部に位置する日本の都道府県です。県庁所在地は奈良市。総人口は約138万人、人口密度は1km2あたり約373人です。12市・15町・12村で成り立っており、主要都市である奈良市には、県庁所在地であるため国の機関や大手銀行の支店などが集積しています。気候は内陸性気候に属し、気温の年較差・日較差が大きいのが特徴です。降水量は全国的に見ても比較的少なめ。県内の大部分は盆地特有の気候であるため、夏場は蒸し暑くなります。そんな奈良県は、かつて都が置かれていたこともあり、歴史的に重要な役割を果たしてきました。現在にも当時の名残が多く残されており、観光産業が発達しています。年間観光客数は約4000万人で、日本人だけでなく外国人にも人気の高い観光地となっています。

奈良県の交通情報

奈良県には、一般的に使用される空港はありません。近郊の空港は、大阪府の泉佐野市にある関西国際空港や、伊丹市にある大阪国際空港です。関西国際空港までのアクセスは、電車であれば近鉄電車と南海電車を利用します。高速バスも運行しており、高速バスを利用すればJR奈良駅から関西空港第1ターミナルまで約1時間30分でアクセスできます。
鉄道は、JR西日本、近畿日本鉄道の2社のみですが、近鉄電車は大阪市営地下鉄、京都市営地下鉄、阪神電車との相互乗り入れを行っています。また、県内の鉄道はすべて電化されています。県内の電車がすべて電化されているのは、日本の都道府県ではまだ僅かです。
道路は西名阪自動車道、京奈和自動車道、南阪奈道路などが通っており、広域的なアクセスが充実しています。

奈良県の歴史

古墳時代前期に奈良県の豪族が力を強め、ヤマト政権が誕生します。ヤマト政権は、現在の日本地域の大半を支配する大勢力であり、現在の天皇の祖とされています。また、710年には平城京に遷都され、奈良時代の日本の首都となります。平安時代にも大和源氏の本拠地となるなど、それからも重要な地としての役割を果たしてきました。明治維新以降には、新政府によって現在の奈良県が置かれました。現在、日本の首都は東京都に移されていますが、かつて首都であった場所として、当時の名残を感じられるスポットが県内に多く残されています。ユネスコの世界遺産に登録されている建造物や文化財が多く、世界的に有名な観光地として栄えています。

奈良県のグルメ・特産/名産

奈良県は、都としての形を最も早く整えた地として有名で、飛鳥・奈良時代には、日本の中心地として栄えていました。そんな奈良県には、歴史を感じられるような郷土料理が数多く存在します。まず、奈良県の名産として知られている「柿の葉寿司」。柿の葉寿司は、塩さばを乗せたご飯を柿の葉でくるんだものです。近年は、奈良だけでなく他府県でも販売されていますが、奈良で発祥した食べ物です。「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」という俳句で知られるように、昔から奈良県は御所柿の産地として有名でした。押し寿司に柿の葉が使用されたのも、そのためだといわれています。
そんな奈良県には、各地に神社、寺院、遺跡があります。東大寺、春日大社、興福寺は、年間大勢の観光客が訪れる人気の観光地です。