ギリギリまでおトク!!国内宿に使える最大3,000円引きクーポン

ホテル検索結果

地図から選択

選択地図からエリアを選択してください。

おすすめの宿・ホテル

新潟県の旅行ガイド
新潟県のエリア情報

新潟県は中部地方の日本海側に位置する県です。県庁所在地は新潟市。総人口は約230万人で全国第14位、人口密度は1km2あたり約180人となっています。新潟県は、上越地方、中越地方、下越地方、佐渡地方の4地域に分類されており、冬場には県内全域で多くの積雪が観測され、豪雪地帯として知られています。そのため、県内にはたくさんのスキー場があり、ウインタースポーツの名所として全国から多くのスキーヤーやスノーボーダーが訪れます。また、新潟県は全国でも有数の花火大会の多い県です。夏場には、ほぼ毎日のように県内各地で花火大会が開催され、美しい大輪の花々が夜空を彩ります。

新潟県の交通情報

新潟県には、新潟空港と佐渡空港、2つの空港があります。県内で一般的に利用されているのは新潟空港で、新潟駅からリムジンバスで約25分というアクセスの良さが自慢です。新潟空港からは、北海道や大阪、東京、沖縄、福岡などの主要都市への直通便のほか、韓国の仁川国際空港への発着便が運航しています。
鉄道では、JR北陸本線や大糸線、北越急行ほくほく線などが新潟県民の重要な足となっています。
道路では、日本海東北自動車道や常磐自動車道、北陸自動車道、上信越自動車道などの高速道路が走っており、広域的なアクセスが充実しています。

新潟県の歴史

現在の新潟県がある地域には、古くから越後国と佐渡国が存在していました。江戸時代になって、この越後地域は村上、新発田、長岡、高田の4藩に分けられ、それぞれ統治されることとなりました。佐渡国は、金や銀が採取される地域として江戸幕府の直接統治を受け、幕府の財政を支える重要な役割を果たしたとされています。現在の新潟県が誕生したのは1886年のことで、廃藩置県によって13県に細分化されていたこの地域が一つの県としてまとめられたのでした。当時の新潟県の全人口は約160万人で、全国一位の人口数であったと記録されています。

新潟県のグルメ・特産/名産

新潟県といえば、日本海で採れる新鮮な魚介類が有名です。また、全国有数の米どころでもあります。新潟県の郷土料理として知られているのは、布海苔を蕎麦の繋ぎとして使用する「へぎそば」、たっぷりの野菜を煮込んだ「のっぺい汁」や「けんちょん汁」、昔から農家の保存食として親しまれている「ちまき」などがあります。また、上越地方名産の肉厚な唐辛子を雪原にさらし、柚子や塩などを加えて熟成させて作る「かんずり」と呼ばれる辛味調味料は、新潟県定番の調味料として愛されています。