国内宿 ウルトラタイムセール

ホテル検索結果

地図から選択

駅・空港から選択

温泉から選択

スクロール地図から選択

1 -

-

-
-
クチコミ評価 ☆☆☆☆☆ 0.0
選択地図からエリアを選択してください。

おすすめの宿・ホテル

岡山県の旅行ガイド
岡山県のエリア情報

岡山県は、中国地方の南東部に位置する日本の都道府県です。県庁所在地は岡山市。総人口は約193万人、人口密度は1km2あたり約271人です。なお、岡山県は15市・10町・2村で成り立っており、主要都市である岡山市には人口が集中しています。岡山市の人口はここ数年で70万人を突破し、2009年には政令指定都市になりました。気候は、南部の平野地帯が瀬戸内海式気候に属し、北部は日本海側気候に属します。日本海側気候である北部は、冬場の寒さが厳しく、1mもの積雪に見舞われることもあります。そんな岡山県は、土地柄や降水量が少ない地域であることから、全国的に見ても自然災害の少ない県です。晴れの日が多いことから近年は「晴れの国岡山」と呼ばれており、その気候を活かして果物や野菜の栽培が盛んに行われています。特に果物の生産が有名で、ブドウ、モモ、ナシなどの果物が生産されています。

岡山県の交通情報

岡山県には、岡山空港を始め、岡南飛行場、笠岡ふれあい空港の3つの空港が存在します。主要空港である岡山空港は、ソウルや上海へのデイリー運航、グアム、北京、大連への定期便の運航が行われていることや、空港内の駐車場が無料であることなどから、近年利用者の数を伸ばしています。
鉄道では、JR西日本、JR四国などが運行しています。JR岡山駅は、山陽新幹線が開通していることから本州と九州、山陰と四国を結ぶ重要な役割を果たしています。また、岡山市内には全国有数の路面電車も運行しています。
道路は山陽自動車道、中国自動車道、鳥取自動車道など数多くの高速道路が通っています。高速道路を利用することで、近畿地方、山陰地方、四国地方といった広域へ容易にアクセスすることができます。

岡山県の歴史

古代「吉備国」と称されていた岡山県は、日本列島の中心地として栄えていました。県内には造山古墳という全国でもトップクラスの大きさを誇る前方後円墳が残されており、過去巨大な権力が存在していたとされています。また、室町時代には吉備津神社本殿、江戸時代には旧閑谷学校講堂が建設されました。これらの建造物は、現在、国宝に指定されています。このように、岡山県には歴史を象徴する史跡や文化財が多く存在しています。廃藩置県によって現在の岡山県になってからは、近代工業が発達。県内に多くの製糸工場が立地しました。この時代に繊維産業が発展したこともあり、岡山県では現在でも繊維産業が盛んです。ジーンズ発祥の地としても知られており、近年では欧米の有名ショップでも岡山県産のジーンズが販売されています。

岡山県のグルメ・特産/名産

岡山県では晴れの日が多いという気候を活かし、果実の栽培が盛んに行われています。特にマスカットの生産量は日本一で、全国各地に出荷されています。ゼリー、ジャム、ジュースなどの加工品も、土産に大人気です。この他、岡山県の人気土産として「きびだんご」があげられます。岡山県では、室町時代に桃太郎の話が広まりました。桃太郎の話は、黍団子(きびだんご)を貰って、鬼ヶ島まで退治をしにいくという物語です。作中にでてくる黍団子と、江戸時代からの土産品として有名だった吉備団子を繋げ、岡山県では桃太郎の縁の地としてきびだんごを売り出しています。
そんな岡山県には、日本三名園の1つである後楽園があります。後楽園内には美しい庭園が広がっており、四季毎に違った絶景を楽しむことができます。世界に誇る日本の文化財・後楽園は、外国人観光客にも人気の高い観光地となっています。