ギリギリまでおトク!!国内宿に使える最大3,000円引きクーポン

ホテル検索結果

地図から選択

スクロール地図から選択

1 -

-

-
-
クチコミ評価 ☆☆☆☆☆ 0.0
選択地図からエリアを選択してください。

おすすめの宿・ホテル

栃木県の旅行ガイド
栃木県のエリア情報

栃木県は、北関東地方の東部に位置する日本の都道府県です。県庁所在地は宇都宮市。総人口は約198万人、人口密度は1km2あたり約309人で、総人口は日本の都道府県で18位です。なお、栃木県は14市・11町で成り立っており、主要都市である宇都宮市に50万人以上の人口が集中しています。気候は、多雨多湿の夏と少雨乾燥の冬が特徴的です。その気候と風土を活かし、イチゴ、ニラ、水稲などが豊富に生産されています。酪農も盛んで、生乳の生産量は北海道に次ぐ全国2位となっています。また、宇都宮市、小山市、大田原市、足利市などの地域は内陸型近代工業が発達しており、電機産業、自動車製造業、重機械工業などの工場が多数存在します。そんな栃木県は、都市圏近郊とは思えない美しい自然に囲まれた県です。那須温泉や塩原温泉などの温泉地にも恵まれ、観光地としても人気があります。

栃木県の交通情報

栃木県には一般的に利用できる空港がありません。そのため、飛行機を利用するには隣接県に位置する茨城空港と福島空港、首都圏の成田空港や羽田空港を利用する必要があります。茨城空港へは北関東自動車道、福島空港へは東北自動車道、成田空港や羽田空港へは高速バスのマロニエ号を利用してアクセスできます。
鉄道では、主要駅である宇都宮駅が東北・秋田・山形新幹線の停車駅となっています。宇都宮駅には、東京の上野駅と宇都宮を繋ぐ宇都宮線など計6つの国鉄路線が所属しており、また、東武鉄道からも路線が出ています。栃木県の交通の要衝となっている駅です。この他、栃木県には野岩鉄道、真岡鐵道、わたらせ渓谷鐵道といった私鉄もあり、栃木県の各方面へ運行しています。
道路は東北自動車道、国道4号、新4号国道によって広域幹線道路が充実。国道50号線を使えば、隣接する群馬県や茨城県に短時間でアクセスすることが可能です。東北自動車道を使えば、首都圏へも約2時間という短時間で行くことができます。

栃木県の歴史

古墳文化の繁栄により築造された栃木県。廃藩置県によって現在の栃木県が誕生したのは、明治6年のことです。そんな栃木県を騒がせたのは、明治24年に栃木県と群馬県の間にある渡良瀬川周辺で起きた足尾銅山鉱毒事件。この日本初の公害事件は、当時の日本に大きな衝撃を与えました。その後、鉄道や生活設備の発展を経て、明治44年には総人口が100万人を超過。昭和に入ると宇都宮工業団地の造成や東北新幹線の着工などが行われ、現在の栃木県へと進化を遂げました。

栃木県のグルメ・特産/名産

古き伝統を受け継ぐ栃木県では、昔ながらの製法で、大根、里芋、トマト、いちご、ニラといった農作物が作られています。そのため、栃木県の郷土料理には新鮮な野菜を使用したものが多数存在します。「しもつかれ」は、粗く刻んだ人参と大根を酢醤油で味付けした庶民に伝わる伝統料理。「法度汁」では、味噌で煮込んだ野菜の中に小麦粉を千切ったものを入れて食べます。米を切らしたときに食べる料理として有名です。そして、栃木県の県庁所在地である宇都宮市は、全国有数の餃子の名産地。餃子を主食に食べるスタイルは、栃木県ならではです。
そんな栃木県には、世界遺産に登録された日光の社寺の他、華厳滝や中蝉寺湖といった自然を満喫できるスポットが多数存在します。また、栃木県下都賀郡壬生町には「おもちゃのまち」という地名があり、知る人ぞ知る観光スポットとなっています。かつてキャラクターロボット玩具の発祥地であったというその地には、現在、玩具メーカーのバンダイが手掛ける玩具の博物館が建てられています。